第一回目の今回ご紹介させて頂くのは、ワタリウム美術館に併設されたミュージアムショップON SUNDAYSです。青山というおしゃれな立地に個性あふれる三角の建物。時間があれば目的として行かなくとも思わず吸い寄せられるように入店したくなるような外観です。こちらの建物は、一階が個性あふれる文具が揃った雑貨屋さん。二階から四階までが美術館、展示スペース(展示会内容により屋上でも展示することも)、そして地下一階がCAFÉを併設した本屋空間となっております。

 

美術館では毎回様々な芸術家、アーティストが展示会を行っており、本屋さんでは美術、建築類のラインナップに特化しています。 ON SUNDAYSでのお勧めの楽しみ方は、美術館で芸術鑑賞をした後に地下の本屋さんで自分の好きな本をピックアップ。ホットドックを片手にCAFÉで本を読みながらドリンクを一杯。先日、このコーナーを担当した私も休日にこのコースで心地よい時間を過ごせました。

 

地下の本屋さんではWATARI‐UMで開催している展示会に合わせ、その展示会の芸術家、アーティストさんの本のラインナップに特化させたり、CAFÉスペースでも展示を行ったり、本屋さんでそのアーティストさんの特徴を活かしたレイアウトを組んだりetc・・・毎回違う形で私たちを楽しませてくれます。アパレルショップのシーズンテーマのように、毎回テーマに沿ったお店の見せ方になり、その都度違った感動をもらえる空間です。

 

加えてON SUNDAYSでは出版、オリジナル商品も手掛けており、細部までWATARI‐UMの世界観を私たちに提供してくれるのです。今回取材にご協力頂きました、世界中の本からON SUNDAYSの本のバイイングを手掛けている「草野様」からも沢山素敵なお話を頂けたのでご紹介させて頂きます。

 

 

本の印刷の匂いが好き、印刷の色味、紙質などもこだわりを感じてしまうほど本が大好きという草野様のお言葉に、印刷屋の私としても印刷屋としてとても嬉しい気持ちになりました。そんな草野様の仕事に対する熱意や心遣いに感動し、それだけでもまた来たいと思いました。草野様からは、取材時に開催していた展示会の、寺島 修司さんについてや、写真展を行っていた高橋 恭司さんのお話なども沢山聞く事が出来、より展示を楽しむことが出来ました。

 

草野様のインタビューからも分かるようにON SUNDAYSの本屋さんにはこだわり抜いて選んだ個性溢れる本が陳列されており、本のレイアウトにも草野様のこだわりが随所に見られました。本棚の陳列は、シリーズ、作者は勿論のこと、本の内容にも意識を向けて、その内容に沿った流れで陳列されており、ON SUNDAYSの本屋さんの本棚のレイアウトにはとてもストーリー性を感じます。

 

 

アパレル業出身の私は、まるで洋服屋さんのお店作り、レイアウトのように感じてしまいました。アパレルショップでいうディスプレイ(キャッチ)は、CAFÉの壁の展示。地下に降りて行くとまず、CAFÉスペースの壁の展示に目がいき、階段を降り切ると、導線上にその展示にまつわる本が目に飛び込んできます。これは思わず手に取ってしまいますね。(私も美術館後に美術館で見た寺島 修司さんの《寺山 修司劇場『ノック』》と、CAFÉに展示してあった西島 大介さんの《すべてがちょっと優しい世界》を片手に草野さんのお話を聞いてほっこりした気持ちでCAFÉへ。)芸術に詳しくない私でも世界観に酔い、楽しめました。その他、ON SUNDAYSでしか手に入らないオリジナルアイテムやこだわりが溢れたグッズも沢山取り揃えております。

 

本や、業界に詳しくなくとも徐々にWATARI‐UMの世界観に魅き寄せられていく感覚で楽めます。本屋さんには、ON SUNDAYSの常連さんが作った作品も商品としてレイアウトされています。